HOME>注目記事>数年かけて国家資格に合格できる知識と技術を身に付ける
模型と鍼灸師

働くための知識と技術を習得するところ

専門学校では、卒業後に鍼灸師として働くことを考えながら、国家資格の取得を目指すことができます。鍼灸師とは文字通り鍼と灸を使用して、患者さんの身体の不調を改善したり、病気の予防をしたりすることができる専門家です。その鍼灸師になるためには、国家資格だけではなく、鍼と灸に関する専門的な知識と技術が必要です。その知識と技術を習得できるのが学校で、卒業したらそのまますぐに鍼灸師として働き始めることも可能です。さらに、習得した知識と技術を活かして、鍼灸院を開業することも不可能ではありません。そして、鍼灸師の学校の中には、卒業間近になると様々な進路のサポートをしてくれるところもあります。

国家資格を取得するのが最終目標

鍼灸師の学校は数多くありますが、そのほぼ全てで、最終目標は国家資格の取得となっています。日本で鍼灸師として働くためには、はり師ときゅう師の国家資格が欠かせません。その国家資格を持たなければ、鍼灸師と名乗ることができません。そのため、鍼灸師に必要な技術や知識を身に付けながらも、資格試験を見据える形となります。学習内容は多種多様で、知識を得るために座学を受けることも多く、具体的な施術の方法を知るために実技も行います。

広告募集中