大学と専門の違いを知ろう

鍼治療

国が指定したカリキュラムを用意する学校を卒業することが、鍼灸師になるための条件となっています。もしも、それ以外のところで鍼灸師になれると宣伝していても、あり得ないことなので気をつけるようにしましょう。鍼灸師になれる学校はたくさんあるため、わざわざよく分からないところを利用するメリットはないです。なお、鍼灸師になれる学校は大学と専門の二つがありますが、かなり違うところなので、どちらにするか迷っている場合は特徴を知ることから始めましょう。まず、大学は卒業まで四年間通わなければいけなく、専門のほうは三年間でカリキュラムがすべて終了します。もちろん、一年長く通うことになる大学のほうが、学費の総額が高くなってしまう傾向があります。『それならば、専門に通うほうがメリットが大きい』と感じる方もいるでしょうが、得られる資格が異なることも知っておきましょう。専門のほうは鍼灸師の資格しか得られませんが、大学のほうは大卒という資格もいっしょにゲットできるようになっています。もしも、学校を卒業した後に、学歴が給料や待遇に繋がる職場で働きたいと考えているなら、大卒の資格もいっしょに取っておいたほうが後悔しないでしょう。

夢を考慮して選ぶ

鍼

鍼灸師になれる学校を最大限に活用したいときは、自身がどうなりたいか、きちんと将来の夢を考慮する必要があります。もしも、とにかく資格をゲットすることが最優先だと考える場合は、国家試験対策が完璧なところを選びましょう。実は卒業しただけでは資格を得られず、そこそこ難しい国家試験をパスしてやっと鍼灸師を名乗れます。不合格になると資格のゲットは一年間お預けとなってしまうため、国家試験対策の有無はとても重要です。また、卒業後に待遇のよいところで働きたい場合は、就職サポートが行われている学校に入学しましょう。そちらならば、多くの求人情報を持っているので、自身の希望に合ったところをとても探しやすいです。なお、鍼灸師になるという夢を叶えたいけれど、金銭的理由で学校に通うのが難しい方もいるでしょう。そのときは、働きながら通えるところを選べば、お金の問題を解決できるかもしれません。夜間コースを用意してくれるところがあるので、昼間は働きつつ、夜に鍼灸師の技術や知識を学ぶことが可能です。夜間コースだと通学の期間が長くなってしまうと考えるかもしれませんが、三年コースも多いので安心しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中